ホーム > 乳がん検診の流れ

乳がん検診の流れ

当院ではマンモグラフィーによる検査を中心に
必要に応じてやエコーなどを使い、より精密な乳がん検査を行っています。
人間ドックや総合病院のような堅苦しさはなく、
ゆったりとした優雅な雰囲気の中で、いつでも気軽に検査をお受けいただけます。
ご希望の方は当院までご連絡ください。

検査の流れ

①【通常の乳がん検診】
  • 問診
    まずは問診票にご記入いただき、それをもとに受診者様のお話をじっくりとお聞きします。いつ頃からどんな症状があるかなど、乳がん検査に必要な項目をお伺いします。
  • 触診
    乳房にしこりはないかなど、実際に触診をして検査を行います。首や脇の下・リンパ腺の腫れ、乳頭の分泌物がないかなども検査します。
  • マンモグラフィー検診(乳房レントゲン検診)
    マンモグラフィーとは、乳房専用のレントゲン装置です。乳房を圧迫し、乳腺の影を撮影。実際に画像を見ながら、触診と合わせて検査を進めていきます。マンモグラフィーを使うことによって、乳腺の乱れがある部分やしこりの形・石灰化の箇所を見つけることができます。触診だけでは見落としがちなごくわずかな乳がんも、マンモグラフィーを使うことで早期発見することが可能です。
②【精密検査】

さらに精密検査を行う必要がある場合は、紹介先の病院にて下記のような検査を行います。

<しこりが見つかった際の精密検査>

  • 細胞診
  • 組織診
    ・針生検(CNB)
    ・マンモトーム生検(エコード)
    ・外科的生検

<石灰化が見つかった際の精密検査>

  • 組織診
    ・マンモトーム生検(マンモグラフィード)
③【確定診断】
乳房にしこりや分泌物があり、自覚症状があれば、それまでの検診から受診に切り替わります。その場合は保険診療となり、精密検査も保険診療で受診することができます。もし「痛みがある」など、乳がんに関わる自覚症状があれば、専門のクリニックで早めに受診しましょう。乳がんと診断されるまでの大まかな流れは、自覚症状がなくてもほぼ同じです。

乳がんであると確定診断がなされた場合は、症状に応じて手術や薬物療法などを進め、その後の経過観察を行います。
お問い合わせ