ホーム > 乳がんについて

乳がんについて

いま、乳がんにかかる方は年々増え続けています。
40代をピークに、若い方からご高齢の方まで、年代もさまざま。
でも、乳がんは早期発見・早期治療を行えば、高い確率で治癒する病気です。
自然なバストと、そして何よりもご自分の大切な命を守るため、
定期的に乳がん検診を受けましょう。

乳腺にできる悪性の腫瘍が「乳がん」

乳房の中には、母乳の通り道となる「乳腺」がありますが、ここに何らかの原因で悪性の腫瘍ができてしまう病気を「乳がん」と呼びます。

ごく初期の頃の乳がんには、自覚症状がほとんどありません。痛みやただれ・分泌物なども初期の段階ではほとんど見られません。検診を受けない方が発見できる症状の90%は、乳房の「しこり」。腋の下から胸全体をさわった時に、小さなしこりを感じたらすぐに受診が必要です。

ただし、たとえしこりが見つかっても、そのほとんどは良性である場合が多いので、決して落ち込むことはありません。乳房の症状には乳がんのほかに乳腺症や乳腺線維線腫・乳腺炎などがあり、これらの症状であることも充分考えられます。自己判断することなく、まずはすぐに医療機関で受診をしましょう。

しこりをそのままにしておくと、乳腺の外にまでがん細胞が増殖してしまい、ついには全身に広がってしまう可能性もあります。しこりの他にも痛みがあったり、下記のようなさまざまな症状が見られる場合もあります。何かしらの症状がある際は、一日も早く専門のクリニックに行かれることをお勧めします。

こんな症状があったときは、すぐに受診を
こんな症状があったときは、すぐに受診を
  • 乳房をさわるとしこりがある
  • 乳首がただれる
  • 皮膚が赤く腫れる
  • 皮膚がくぼむ
  • 乳頭から血液が混ざった分泌物が出る
  • 毛穴がオレンジの皮のように目立つ

壮年層の女性の死亡原因トップが「乳がん」

壮年層の女性の死亡原因トップが「乳がん」

毎年4万人以上の女性が、乳がんと診断されています。そして現在では、30歳~64歳の女性のがん死亡原因のトップが「乳がん」。毎年約1万人以上の方が、乳がんによって亡くなっているのです。

昔であれば信じられなかったことですが、今はそれだけ乳がんへの危機感を持たなければ、女性の健康を保てない時代になりました。「私は健康だから大丈夫」と過信することなく、定期的な乳がん検診を受けることをお勧めします。

乳がんにかかるのは40代が中心

乳がんにかかるのは40代が中心

日本では、30歳を過ぎると乳がんの罹患率が増え始め、40代でピークになり、続いて50代・60代とゆるやかに下降線をたどりながらも、高い確率が続いています。「もう歳だから関係ない」と思ってしまう人も多いのですが、決してそんなことはありません。最近では50代以上の女性の罹患率も増え、80代になってかかる人も少なくないのが現状です。

30歳を過ぎたら、できれば年に一度は乳がん検診を受け、ご自身の大切な乳房と命を守ることが大切です。

お問い合わせ